よくあるご質問

<絵の活用>
Q1 対話できる絵画の活用方法は?
A1 大きく3パターンに分かれます。
①個人的なもの。 例えば、自宅に飾って もっとも身近なところで自分に対話する絵。
②個人~仕事空間のもの。 例えば、事務所に飾って 自分や従業員の癒しとして対話したい絵。
③個人~社会空間のもの。 例えば、サロンや美容室に飾って、 自分とお客様の対話を豊かにしたい絵。  



<画材>
Q1 何を使って描いていますか?
A1   アクリルガッシュ、膠、顔料、パステル、色鉛筆、など、独自の組み合わせで描いています。  

<お打ち合わせ(セッション)について>
Q1 お打ち合わせ(セッション)対面でしょうか?
A1 セッションは、原則対面です。(新宿駅または相模原市橋本駅喫茶店、または個展開催時個別アポイント) どうしてもというご希望によって、スカイプ(映像つきをお薦めします)でも行います。 私は画家なので、話や声のトーン以外に、視覚的なその方の情報を読み取って 言葉にできない想いを引き出していきます。 音声だけの場合は、効果が半減しますので、ご了承下さい。  
Q2 対話できる絵画はセラピーですか?
A2 本来の自分との対話ですので、セラピーも含め、より自分らしく幸せな人生を目指します。

*******************************************
オーダメイド絵画、イベントお問い合わせ
画像で試す、PDF小冊子でオーダープロセスを読む画像・PDF小冊子ダウンロードプレゼント
毎月画像・イベントなど情報をお届け対話できる絵画メールマガジン