世界でただひとつのお守りとしての絵

愛情王国

愛情王国小日向志野さん
本来の自分に立ち戻るために、自分のためだけのお守り、開運としての絵。

このオシャレで知的な女性は、小日向志野さん。お会いするたびに躍進していく3分で1個心のブロックを解除するマインドブロックバスターです。

「素敵なしあがりに大満足です。
シーン別に何枚もオーダーする方が多いのがよくわかりました。
門間さんの絵は観れば観るほど深みがあるというか、
不思議と心に気づきが生まれます。

ちょうど鏡のような役割なのでしょうか。
だから「対話できる」のですね。
この絵とともにどこまで進んでいけるか、
また自分の未来が楽しみになりました。
ありがとうございました」
と、ご感想をいただきました。

ありえない世界と現実の世界の融合。
全体では山が水面が写っている現実のよう。
細部をみると色にとけ込んだたくさんの楽しいかわいいモノたちがかわいいことをしている不思議な世界、を描きました。
知性・理性の光る志野さんの想いは
色にもたくさん込められています。
(*色彩心理等をもとにして構成していきます)

主要な色はターコイズブルー中心の青。
かわいいもの達を包み込む色ですから宇宙的、普遍的大きな意味がこめられています。
神聖、真実,知性。気持ちをリラックスさせ、冷静な判断を手助けします。優しさのなかで深く物事をとらえる志野さんにピッタリです。
白は、純粋。始まり、再生、未来のイメージ。
ピンクは、内側に秘めた強さ。女性らしさ、愛、幸福。暖色系のやさしさでリラックスさせる若返り、脳の活性化です。
緑は、自然に対する信頼。平和。癒し、生命力。ゆとりをもつバランス調整です。

これらの色が織物のようにつむぎあい、
さまざまな【バランスと融合】を暗示する志野さんの人生が加速するための
【愛情王国】が完成しました。


*******************************************
オーダメイド絵画、イベントお問い合わせ
画像で試す、PDF小冊子でオーダープロセスを読む画像・PDF小冊子ダウンロードプレゼント
毎月画像・イベントなど情報をお届け対話できる絵画メールマガジン

関連記事