20171218 東本願寺 渉成園

/ カテゴリー: 京都奈良

20171218東本願寺

案内所で、親鸞聖人
宗祖とする浄土真宗の寺院、東本願寺で、
本願寺が東西に分立した話、その後様々な宗派に分かれて行ったお話しなど、、、ゆっくりと聞きました。

親鸞聖人を宗祖とし、もとは一つだった本願寺。

文禄元年(1592年)、
当時の龍谷山本願寺(後の西本願寺)の11代目住職 顕如の亡き後、西本願寺 顕如の遺言に従い秀吉は、三男の准如を住職に。
臨時住職を務めていた長男教如は追放。

隠居生活を強いられた教如は、
かつてから徳川家康との交友があり、
慶長7年(1602年)に家康から烏丸七条に寺地を寄進され、東本願寺」を建立。

秀吉の死後、家康の計らいで、
東本願寺ができ、教如が住職に。

さまざまな人間ドラマも経てきた中で、
今の時代に引き継がれる本質。

それを、大切にしたいな、、、としみじみと感じた時間でした。

 

次に行った渉成園(しょうせいえん)。

東本願寺の飛び地境内地です。

ビルに囲まれた中に、ポカリと浮かぶ小宇宙のよう。
街中のオアシス、そんな言葉が浮かびました。

20171218渉成園18

20171218渉成園17

20171218渉成園16

20171218渉成園15

20171218渉成園14

20171218渉成園13

20171218渉成園12

20171218渉成園11

20171218渉成園10

20171218渉成園9

20171218渉成園8

20171218渉成園7

20171218渉成園6

20171218渉成園5

20171218渉成園4

20171218渉成園3

20171218渉成園2

20171218渉成園1

*******************************************
オーダープロセス詳細がわかる◎オーダープロセス詳細ページ
オーダメイド絵画、イベントお問い合わせ
画像で試す、PDF小冊子でオーダープロセスを読む画像・PDF小冊子ダウンロードプレゼント
毎月画像・イベントなど情報をお届け対話できる絵画メールマガジン

関連記事