オーダーの流れ:畑中映理子さん:サロンに飾る絵

40_13681781_1183381728386933_196201219_o

題名:愛【LOVE】

*****************

最初に2時間打ち合わせ。

門間: 協会をひきいて協会の皆さんを成長させ、自分も成長していく
強さがある絵をほしい。
赤い絵、動きのあるダイナミズム。
平静の知性的な青みもほしい。
サロンに飾るので花の華やかなイメージ。
が基本構想はじまりでしたね。

畑中: 沢山のひとをひきいていくというものを自分でつくったのに、対人関係で傷つきやすい面もあり、心にぶれがくるときがあった。
それがとても邪魔しているな、と思ったので、優しさのなかにも強さがほしい、強さを絵によって補えるようなものが欲しい、と話したと思います。それと、じっくり、しっとり、とか、あんまりもてないくらいせっかちなところもあって、
そのせいでも、もっと大きいゴールを目指そうと思うと、どこかでぶれる自分がいて、
強さがほしかったのかな、と思う。

プロセスを経ていって、そのつよさは自分にあったんだな、と今は思えるかもしれないけど、あのときは、とにかく強さが欲しい、と,思った。
絵を依頼したきっかけはそこだったと思う。

その後に、画像での心のキャッチボールから始まりました。

構想絵(アイデアスケッチのようなもの)を5枚送付しましたね。
はじめに画像が送付されたときは、どうでしたか?

%e2%91%a012312202_1031296323595475_395870218_n

AS(アイデアスケッチ)-01

%e2%91%a012308860_1031296313595476_998667719_n

AS-02

%e2%91%a012277266_1031296310262143_102872523_n

AS-03

%e2%91%a012308880_1031296316928809_226807126_n

AS-04

%e2%91%a012312013_1031296326928808_503968037_n

AS-05

 

 

「赤に元気づけられた。赤がとても人を元気にさせるのをとても感じたし、青の知性もとても感じた。3番目の構図が、色的には 2番目が気に入りました」

3番目 ふわりと浮いてくるような感覚。
水平の安定性が背後に効いている構図です。
%e2%91%a012277266_1031296310262143_102872523_n

AS-03

2番目。 
ピンクから赤、オレンジと、青と からりとした明るさと元気さがある色。

%e2%91%a012308860_1031296313595476_998667719_n

AS-02

 ここを起点に、次の構想の絵達が生まれていきました。

***********
色の構想2枚。

%e2%91%a212357961_1037524656305975_1252370271_n

CS(カラーの構想)-01

%e2%91%a212366528_1037524332972674_423227143_n

CS-02

ご感想反映したA4大の構想途中。
オーダーの大事な要素、強さ、を大切に。


%e2%91%a312348378_1037525029639271_1681758245_n

A4-01

************

色の構想3枚。

%e2%91%a412395274_1039494206109020_1647171480_n

CS-03

%e2%91%a412388235_1039494209442353_54121076_n

CS-04

%e2%91%a412380190_1039494212775686_964227611_n

CS-05

作品の構想2枚。

%e2%91%a512358156_1039494342775673_1102947801_n

AS-06

%e2%91%a512380564_1039494346109006_1427528378_n

AS-07

以前のA4大の構想途中加筆したもの。 微細に色がくみたて、 おおらかな勢いがでてきている。 本画では、手前の赤系は、大きめのお花たちになる予定。 %e2%91%a612387741_1039494522775655_1314688790_n

A4-02

%e2%91%a612358380_1039494542775653_1278323484_n

A4-03

**********

構想絵2枚。空に光が射すパターン。

%e2%91%a712399361_1047308551994252_349845315_n

AS-08

%e2%91%a712435571_1047308571994250_759277167_n

AS-09

色構想。3枚。

%e2%91%a812399245_1047309135327527_1884840860_n

CS-06

%e2%91%a812404451_1047309138660860_1288500327_n

CS-07

%e2%91%a812431251_1047309131994194_134763978_n

CS-08

***********

 A3サイズの下絵途中。 本画と同じ材質で描いているので、お打ち合わせでごらんいただいたとき、 材質感を伝える。

%e2%91%a912404353_1047685351956572_1579756789_n

A3(A3サイズ下絵)-01

************

こんなふうに、構想の絵達が次々に送られてきたときは、どんな気持ちでしたか?

「こんなに描いていただいてごめんなさい!
こんなに描いてくれるんだ、とあらためて思って(笑)

普通、絵をお願いします、というと、はいできました、と一枚でてくるイメージ。
画廊にいって、コレ欲しいです。というイメージ。

こんなの描いてくるのびっくりだけど、そうやってわたしのためにこの時間を、、、すごい!!みたいな(笑)
いっぱいギフトもらった感覚、すごくあります」

***********

m%e6%a7%8b%e6%83%b3img_5458-2_20151213

A4-03

この下絵をもって実際に会って、打ち合わせして、
百合をいれるのが決まったんでしたね。最初は薔薇と小花達、の想定でした。

「そうそう。薔薇がもちろん好きなんだけど。百合は、打ち合わせのなかで、あっ、と思いついた。私の象徴として、薔薇と百合をいれてもらおうと。エドガーケーシーというひとが、自分の魂の刻印といったものを絵であらわしていて、私は牽牛星 名誉と名声、それから軍団をおしすすめていくという星をもっている、その象徴が百合なんです。それを、打合せの少し前に、ケーシー財団代表理事に、魂の輝き、いわゆるミッションをみつけるのに算命学が役にたつ、といわれて、算命学のセミナーでライフシールという絵をワークして百合を知ったところでした。
絵の中におりまぜてほしい、と、その場で思いついたんでしたね。

いい時間でした。いろいろお話ができて嬉しかったです。

ライフワークの資料を実際にみせていただいたり、個人的なお話から、絵の意味が深まり、 絵を見ることで畑中さんらしくなっていく効果が深まりましたね。
赤はバラのグラデーションに(オレンジ、真紅、ローズなど) 白は白ゆり2〜3本に。 小花とかも一緒にいる、、、。 より自分らしくなっていくための花。
光さす空は、希望、癒しの象徴。
華麗、豪華、ゴージャス。 優しく、柔らか。 サロン壁面に、 大き目の額。
絵の強さが畑中さんをより強くする。 絵の優しさが、畑中さんの繊細さを受け止めて癒す。 強さと優しさの両方を併せ持つバランス【陰陽】を持つ絵。


そういえば、打ち合わせ中にも絵を見て「今、私、癒されてる」 といわれ、嬉しかったです。


************

「それからですね、スケッチがどわ~っと(笑)」

そういう由来がある、という百合だと、きいたので、ただ単に、百合をいれれば、ではない、と思うから(笑)。もともと、百合を入れる前に積み重ねてようやく下絵ができてきた中に、百合を入れましょう、入ったから終わりです、ではない。
牽牛星の百合であり、畑中さんだけの百合、という二重構造の百合、そのイメージを思いながら描いていたらいつの間にかいっぱいになっちゃった(笑)いっぱい描こうとするのでなく、どうなんだろう、と思っているうちに、いっぱいになっちゃうだけなんです(笑)

「これが全部ではない、と聞きましたが、送られたのをみて、すごい!すごすぎる!!と思いました(笑)」

24_12596450_1078323075559466_200168206_n

YS(百合のスケッチ)-01

24_12722091_1078323088892798_690382319_n

YS-02

24_12735980_1078323108892796_1084022473_n

YS-03

24_12736195_1078323115559462_751072487_n

YS-04

24_12746207_1078323045559469_1504802200_n

YS-05

24_12746207_1078323062226134_915662787_n

YS-06

24_12746491_1078323098892797_1232452272_n

YS-07

24_12767256_1078323102226130_988145143_n

YS-08

24_12767384_1078323035559470_851982156_n

YS-09

24_12767659_1078323028892804_343129383_n

YS-10

24-2_12442872_1078326352225805_823286939_n

YS-11

24-2_12498419_1078326325559141_118448427_n

YS-12

24-2_12659766_1078326358892471_1298141615_n

YS-13

24-2_12735648_1078326368892470_1782444050_n

YS-14

24-2_12735711_1078326315559142_1500888187_n

YS-15

24-2_12746030_1078326345559139_1729534116_n

YS-16

24-2_12746382_1078326318892475_2122908370_n

YS-17

24-2_12746422_1078326362225804_2069782672_n

YS-18

24-2_12746473_1078326335559140_1041549893_n

YS-19

24-2_12767442_1078326305559143_1222919111_n

YS-20

24%ef%bc%bf312596466_1078326918892415_1611018922_n

YS-21

24%ef%bc%bf312721931_1078327175559056_403528367_n

YS-22

24%ef%bc%bf312722064_1078326938892413_2074361217_n

YS-23

24%ef%bc%bf312735534_1078326925559081_1410965419_n

YS-24

24%ef%bc%bf312735942_1078326875559086_505434489_n

YS-25

24%ef%bc%bf312736339_1078326872225753_1624155776_n

YS-26

24%ef%bc%bf312746154_1078327182225722_1135483288_n

YS-27

24%ef%bc%bf312746208_1078326865559087_1371965289_n

YS-28

24%ef%bc%bf312746304_1078326902225750_207812812_n

YS-29

24%ef%bc%bf312746420_1078327168892390_1192643328_n

YS-30

24%ef%bc%bf312746483_1078326882225752_1722702123_n

YS-31

24%ef%bc%bf312767236_1078326908892416_1402198156_n

YS-32

24%ef%bc%bf312767599_1078326892225751_206276772_n

YS-33

 
%e2%91%ad12470729_1049594028432371_61069794_o

YS-34

39_13499872_1172355482822891_1613344671_o

YS-35

39_13509804_1172354646156308_1656532723_o

YS-36

39_13517796_1172356612822778_796173913_o

YS-37

39_13523690_1172353989489707_203846689_o

YS-38

39_13523897_1172356446156128_1824099633_o

YS-39

39_13523899_1172355016156271_2116851270_o

YS-40

39_13524248_1172353856156387_1578131839_o

YS-41

39_13548963_1172355862822853_1080052817_o

YS-42

39_13549085_1172354722822967_263002975_o

YS-43

39_13555614_1172355222822917_1393627478_o

YS-44

39_13555745_1172354219489684_1504109228_o

YS-45

39_13555832_1172353492823090_893418797_o

YS-46

39_13555904_1172356066156166_92577663_o

YS-47

39_13556006_1172354819489624_74027279_o

YS-48

 
大量の習作から、ゆりを含めた畑中さんの像が、鮮明に。
鮮やかで、優美で、元気で、明るいエネルギーの渦に、 みんなが楽しく巻き込まれて、 一緒により高き次元に歩まれている。
そんな世界観が確立しました。

 ************

 ************

この間に、本画も着々と進行。赤のグラデーションを何度も塗込んでスタート。

%e2%91%ae12583767_1060623330662774_780528756_n

HG(本画)-01

************

その上に、濃い青をたっぷりと。

%e2%91%af12607295_1060623580662749_602949053_n

HG-02

************

さらに複雑にのせていきます。

%e2%91%b012607204_1060623800662727_566832916_n

HG-03

************

情熱を思い描いた赤。 知性と落ち着きの青。 純粋、清楚の白

%e2%91%b112625868_1060624053996035_82354720_n

HG-04

************

花々が生まれてくることをイメージして

%e2%91%b212575846_1060624330662674_263140023_n

HG-05

************

おおらかなたっぷりとした赤、オレンジなどで、、、

%e2%91%b312576186_1060624570662650_607270223_n

HG-06

************

なんども描いて乾かし、しっかり、安定したおおらかな土台に、 畑中さんのイメージを花で感じています。
描いては消していくことで、 まるで生きている動きが感じられていきます。
の光のイメージも、一緒に進んでいます。

21_12606960_1060624870662620_1846116349_n

HG-07

************

花や空、ひかりなど、、、 おききした話やご自身のイメージと 重なってきます。
色の意味。 場所の意味。 全体の構成。。。
多面的なイメージが世界として、揺れ動いていきます。

22_12511653_1061145937277180_757470534_n

HG-08

************

空に光。 花の位置が動いて。

23%ef%bc%bf12606997_1062133637178410_1060113175_n

HG-09

本画、ワープ中。

25%ef%bc%bf12767802_1079553935436380_1670792093_o

HG-10

パワー増してきました。

26_12787631_1082767128448394_1292639641_o

HG-11

ワープ完了。 いろいろくぐり抜けた輝きです!

「どこにお花が浮き出てくるんだろう、というワクワク感があった。
最初薔薇っていっても、薔薇もそんなに明確でなかったので、実は、ぼやけた感じで終わるのかな、と思っていた。それが、どんどんお花のかたちが明確になっていくのが、すごい楽しかった♪」

27_10621919_1104080459650394_738318603_n

HG-12

途中で、 
ご感想や近況あるひとは、細部調整で反映させます。

畑中さんは、お任せで、先行きを楽しんでいました♪

 ************

強さ,深さが増して。

28%ef%bc%bf12935208_1116088175116289_1389332863_n

HG-13

 

************

より、強さと優しさの両面が♪

29%ef%bc%bf12980444_1121994221192351_1363782215_n

HG-14

************

さらにふわりと浮き上がる流れに。
男性的なつよさと女性的しなやかさ優しさの調和の世界。

30%ef%bc%bf13023379_1125783637480076_1173461821_n

HG-15

************

もう一次元、ワープ。
手前にダイナミックに明るいバラがきたことで、 百合と薔薇の融合。
描いていて 畑中さんはものすごい幅をもっているからこそ、 前半生でご自分をよりよい形で統合していくのにいろんな試練があったのでは。。。
と感じました。
でも、後半生で、その幅を武器に、羽ばたかれる。
その幅をもっていないひとたちには、できない素晴らしい方法で。
そんな気がします。

31%ef%bc%bf13233466_1147085965349843_1831648699_n

HG-16

************

あともう一歩,美しくなるイメージをおって。 畑中さんの可能性をより引き出す絵になるよう、想いをのせて。

32%ef%bc%bf13084252_1147092228682550_574978213_n

HG-17

32%ef%bc%bf13231083_1147092238682549_1928548733_n

HG-18

32%ef%bc%bf13233481_1147092245349215_588043391_n

HG-19

32%ef%bc%bf13250443_1147092235349216_2067276528_n

HG-20

32%ef%bc%bf13275827_1147092225349217_713662390_n

HG-021

32%ef%bc%bf13275844_1147092208682552_2127085045_n

 ************

 

他の絵を描いている間、ずっと壁にかけてきました。
何か足りない気がして少し手を入れては眺めてきて、
奥の青と手前の百合のダイナミックなつながりが見えてきました。
大きな絵では無いけれど、私のが描いたなかで一番ダイナミックです。
手前に青が入り、ふんわりだけでない安定へ。
それに伴い、手前に強い赤が.
そして、全体の色のグラデーションがダイナミックに。

33-13511538_1166965280028578_1057819741_n

HG-22

************

35%ef%bc%bf13493141_1169987649726341_1788160629_o

HG-23

************

36%ef%bc%bf13530344_1170129159712190_1948338036_n

HG-24

畑中さんの絵はいろんなものが出てきました。
きっと、これからどんどんどんどん、
可能性が広がっていかれるのでしょうね。

「私の絵を大事にしてもらって本当に嬉しかったです」

どんどん見えたので。 畑中さんが、すごいんだと思います!

 

************

あと、最後、ひかりの位置がここだ、と思って右側から左側にうつって完成しました。このとき、なんの打合せもしてなかったのだけど、畑中さんも「コレだと思った」といってましたね。

「あれは不思議なんだけど、光をいれてください、といったにもかかわらず、なんかこのひかりが♡があんまり喜んでないのがいるんだけど、えごころがあるわけじゃないから、まさか、光の位置が変えられるなんて思ってなかったし(学校で教わった美術では、一回描いたら変えられないというイメージ)だからここなんだな~、と思っていたら、ある日突然、場所が変わった!!」

そう、突然(笑)右側だった光が

38_13518011_1172346816157091_2017736725_o

HG-24

左へ。

40_13681781_1183381728386933_196201219_o

HG-25

「右側にうつったひかりから、すごくチカラもらえる、と思った。そのまえは、ひかりなのに気持ちが沈む感じがしたんです。でも、変わった瞬間に上がる感じがして、すごい元気をもらった感じがしました。」
************

完成。
題名は【愛(LOVE)】

40_13681781_1183381728386933_196201219_o

HG-25

奥の光を癒しの柔らかさにしました。
不思議なパワーが感じられるように。
位置が左に変わったことで、
手前の百合と合わせて生命のリズムである螺旋の軌跡を描いています。
手前と奥にピンクやバイオレットが入ったことで、
畑中さんの深い精神性がより反映されました。
海のように見える部分に赤やバイオレットが溶け込んだことで、
花が宇宙のような青から生まれてくるような、
あるいは還っていくような、壮大さを伝えました。

「8ヶ月もの長い間、 ありがとうございました。
額装コーディネートで、世界観の完成もお願いしましたね」

************

************

 コーディネートはサンプル選びから。

銀座イトウヤにいって、こんな感じで額とマット選ぶ。

%e9%a1%8d%e9%81%b8%e3%81%b313884490_1200829253308847_1809255381_n

%e9%a1%8d%e9%81%b8%e3%81%b313898181_1200829153308857_1874945608_o

%e9%a1%8d%e9%81%b8%e3%81%b313902198_1200829219975517_72140113_o

%e9%a1%8d%e9%81%b8%e3%81%b313940039_1200829136642192_778065827_o

%e9%a1%8d%e9%81%b8%e3%81%b313942348_1200829256642180_1555043771_n

%e9%a1%8d%e9%81%b8%e3%81%b313957377_1200829269975512_1876299723_n

ホワイトは壁とのバランスで消去。シルバー、ゴールド系の美しいもの中心にのこりました。

額1 シンプルですが、高級感があります。燻し銀で、光や映り込みによって色々見える美しい額です。

%e9%a1%8d%e2%91%a013884529_1200303533361419_953214431_n

額2 落ち着きがあり、かつ綺麗なゴールド額です。

%e9%a1%8d%e2%91%a113933035_1200304720027967_88609824_n

額3 シルバー飾り額。飾りが美しく光も綺麗です。

%e9%a1%8d%e2%91%a213942169_1200306560027783_425722772_n

額4 飾り額でゴールドが、ワンランク上の雰囲気を醸してくれます。

%e9%a1%8d%e2%91%a313932975_1200307626694343_1060281387_n

額5 モダンなオシャレ感あるゴールドです。

%e9%a1%8d%e2%91%a413900433_1200309173360855_378420402_n

「5、がいいです!と、直観で即決しました!!」

額5 を畑中さんがえらんだとき、飾りすぎず、でも、飾る、みたいな。その選び方が、すごく畑中さんらしいな、と思いました。額の選び方も、オーダー主の、感性だったり、今そのとき気になっていること、ていうのを反映するんです。畑中さんの場合は、シンプルではないけど、飾り立てるような人でもなく、適度なオシャレ感。モダンな上品さが伝わってきますね。

マットはお任せだったので、大理石調のものを。絵の花の感じによく合い、オシャレです。

%e9%a1%8d%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%8813883882_1200312326693873_354902538_n

************

************

************

額、完成しました。雄大かつ上品で美しいです!

%e9%a1%8d%e5%ae%8c%e6%88%9014011830_1209515445773561_255852140_n

「素晴らしい!門間さんと一緒にサロンに飾った時、一番最初に【落ち着く】と思いました。ハートに伝わってくる。ああ、私の絵、と。思いました。どうもありがとうございました」

************

************

%e5%ae%8c%e6%88%9014060230_1216471658411273_1129238430_o

*******************************************
オーダメイド絵画、イベントお問い合わせ
画像で試す、PDF小冊子でオーダープロセスを読む画像・PDF小冊子ダウンロードプレゼント
毎月画像・イベントなど情報をお届け対話できる絵画メールマガジン

関連記事